医療法人設立
開業支援
経営コンサルティング
M&A支援
事務所概要
医療法人設立M&Aセンターのサービス

TOP > 医療法人設立 > [ 固定資産税を誤徴収、計525万円 法改正認識甘く ]
文字のサイズ 小 中 大

医療法人設立
医療法人設立

医療法人設立ニュース

医療法人設立ニュース

固定資産税を誤徴収、計525万円 法改正認識甘く

岩手県滝沢村内で、高齢者福祉施設を運営する医療法人など2事業者に対し、本来非課税となる固定資産税計約525万円を同村が誤って徴収していたことが分かった。
村は利子を含めた計約656万円を3月末までに返還する。
村税務課によると、誤徴収は社団医療法人池田記念会に03年度から10年間、新岩手農協に06年度から7年間行われていた。
同様のケースが先月、雫石町で判明したことを受け、県が全市町村に確認を求める通知を出したことをきっかけに調査し、明らかになった。
01年に改正された地方税法で非課税範囲が拡大されたことを、村の担当職員が十分に認識していなかったためという。
三上清幸課長は「今後はしっかり確認したい」と話した。
県市町村課によると、このほか、奥州市や岩泉町でも1件ずつ、誤徴収があったという。


医療法人M&A資料「成功するM&Aの提要」のご請求(無料)
成功するM&Aの提要
医療法人設立資料「医療法人設立ハンドブック」のご請求(無料)
医療法人設立ハンドブック
面談を予約する

Copyright
著作権の表示:このサイトの全ての著作権は猪股 真及び行政書士 新日本総合事務所に帰属します。無断での引用・転用は固くお断りします。
Copyright (C)Makoto INOMATA & New-Japan Solicitor Office 2003 - 2013. All Rights Reserved.