医療法人設立
開業支援
経営コンサルティング
M&A支援
事務所概要
医療法人設立M&Aセンターのサービス

TOP > 医療法人設立 > [ 医師と患者を対象にした「鼻閉」に関する意識調査結果 ]
文字のサイズ 小 中 大

医療法人設立
医療法人設立

医療法人設立ニュース

医療法人設立ニュース

医師と患者を対象にした「鼻閉」に関する意識調査結果を発表

サノフィ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:ジェズ・モールディング、以下「サノフィ」)は、アレルギー性鼻炎患者を診察する全国の医師300名および全国のアレルギー性鼻炎患者1,000名を対象に「鼻閉」に関するアンケート調査を実施した。
医師調査においては、アレルギー性鼻炎患者の約8割が何らかの鼻閉症状を有することが明らかになった。
また、患者調査では9割強の患者が鼻閉症状のため日常生活への支障をきたし「困っている」としながら、その症状について自ら医師に伝えていない患者が約4割で、また現状の治療法では鼻閉症状が緩和されていないとする患者も約8割にのぼることが分かった。
アレルギー性鼻炎は、有病率が全国民の30%を超え今や国民病といわれる疾患。
生死に関わる症状ではないものの、患者の生活の質(QOL)を大きく損ない、労働生産性にも多大な影響を及ぼすことが問題視されています。
アレルギー性鼻炎の3大症状は、くしゃみ、鼻汁、鼻閉ですが、なかでも鼻閉は非常につらい症状でありながら、患者自身が治療の必要性に気付いていなかったり、現在の治療に満足していなかったりする実態が、本調査により明らかになりました。
本調査を監修した医療法人財団順和会山王病院耳鼻咽喉科の倉島一浩医師は、「今回の患者調査により、鼻閉症状のメカニズムに対する患者の認知度や理解度は、くしゃみ・鼻汁よりも低いことが明らかになった。
これが服薬コンプライアンスの維持を難しいものにしているといえます。
治療においても、約4割の患者が自ら鼻閉症状について医師に伝えていない現状が判明しましたが、この背景には、過去の経験から治療に期待を持たなくなったことや、治療に対する不信感や諦め感があると考えられる。
さらに、『医師の治療』と『患者の治療に対する期待』との間にギャップが生じていることも考えられ、医師による患者ニーズの聞き取りが十分に行われているとは言い難い現状が浮き彫りになった。
鼻閉治療効果の向上のためには、医師が患者に対して積極的に聞き取りを行い、患者の満足度を向上させる治療に取り込むことが重要になると考えられる」と述べられました。



医療法人M&A資料「成功するM&Aの提要」のご請求(無料)
成功するM&Aの提要
医療法人設立資料「医療法人設立ハンドブック」のご請求(無料)
医療法人設立ハンドブック
面談を予約する

Copyright
著作権の表示:このサイトの全ての著作権は猪股 真及び行政書士 新日本総合事務所に帰属します。無断での引用・転用は固くお断りします。
Copyright (C)Makoto INOMATA & New-Japan Solicitor Office 2003 - 2013. All Rights Reserved.