医療法人設立
開業支援
経営コンサルティング
M&A支援
事務所概要
医療法人設立M&Aセンターのサービス
4月29日から5月7日までゴールデンウィークの休業をいただきます。休業中のお申込み、メール、FAX等は、すべて5月8日以降に順次対応させていただきます。ご不便・ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。
TOP > 医療法人設立 > [ 春光会「宮路医院」を遺族が提訴 ]
文字のサイズ 小 中 大

医療法人設立
医療法人設立

医療法人設立ニュース

医療法人設立ニュース

春光会「宮路医院」を遺族が提訴

宮崎県宮崎市淀川3の医療法人春光会「宮路医院」(宮路重和院長)で、入院中の女性(当時69)が死亡したのは薬剤を過剰投与したのが原因などとして、女性の遺族が同法人と宮路院長を相手取り、約8670万円の損害賠償を求めて宮崎地裁に提訴した。
訴状によると、女性は乳がんの摘出手術後、2011年10月に同院に入院。
同14日から抗がん剤治療を受けていたが、27日に急性呼吸循環不全のため死亡した。
主治医の宮路院長が白血球減少の副作用のある抗がん剤の計算を誤って、2回にわたり過剰に投与。
敗血症や肺水腫を発症させたうえ経過観察を怠り、治療が遅れたのが原因などとしている。

春光会は取材に対し「弁護士に任せている。コメントは差し控えている」と話した。


医療法人M&A資料「成功するM&Aの提要」のご請求(無料)
成功するM&Aの提要
医療法人設立資料「医療法人設立ハンドブック」のご請求(無料)
医療法人設立ハンドブック
面談を予約する

Copyright
著作権の表示:このサイトの全ての著作権は猪股 真及び行政書士 新日本総合事務所に帰属します。無断での引用・転用は固くお断りします。
Copyright (C)Makoto INOMATA & New-Japan Solicitor Office 2003 - 2013. All Rights Reserved.