医療法人設立
開業支援
経営コンサルティング
M&A支援
事務所概要
医療法人設立M&Aセンターのサービス
8月11日から20日まで夏季休業をいただきます。休業中のお申込み、メール、FAX等は、すべて21日以降に順次対応させていただきます。ご不便・ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。
TOP > 医療法人設立 > [ 医療法人設立ニュース ]
文字のサイズ 小 中 大

医療法人設立
医療法人設立

医療法人設立ニュース

医療法人設立ニュース

体内にタオル25年=医療ミスで賠償命令

手術時のミスで25年間にわたり体内にタオルを残され脾臓(ひぞう)の摘出を強いられたとして、千葉県香取市の男性(53)が病院を運営する千葉県旭市に約1億2300万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁(森冨義明裁判長)は9日、医療ミスを認め約1100万円の支払いを命じた。 判決によると、男性は1983年国保旭中央病院で胃の切除手術を受けた。2008年に別の病院で診察を受けた際、腹部に長さ約36センチのタオルがあることが判明。既に複数の臓器と癒着しており脾臓を摘出せざるをえなかった。
医療法人M&A資料「成功するM&Aの提要」のご請求(無料)
成功するM&Aの提要
医療法人設立資料「医療法人設立ハンドブック」のご請求(無料)
医療法人設立ハンドブック
面談を予約する

Copyright
著作権の表示:このサイトの全ての著作権は猪股 真及び行政書士 新日本総合事務所に帰属します。無断での引用・転用は固くお断りします。
Copyright (C)Makoto INOMATA & New-Japan Solicitor Office 2003 - 2013. All Rights Reserved.