医療法人設立
開業支援
経営コンサルティング
M&A支援
事務所概要
医療法人設立M&Aセンターのサービス
4月29日から5月7日までゴールデンウィークの休業をいただきます。休業中のお申込み、メール、FAX等は、すべて5月8日以降に順次対応させていただきます。ご不便・ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。
TOP > 医療法人設立 > [ 医療法人設立ニュース ]
文字のサイズ 小 中 大

医療法人設立
医療法人設立

医療法人設立ニュース

医療法人設立ニュース

夏の電力不足、医療・介護現場に危機感

大飯原子力発電所(福井県おおい町)の再開が見込めず今夏の大幅な電力不足が予想される中、関西電力管内にある医療機関や介護施設の現場では政府の節電対策に対する危機感が広がっている。大阪府内の病院経営者は「われわれは患者の命を預かっている。軽く考えないでほしい」と訴えている。
政府が2012年5月7日電力需給の見通しを話し合う「需給検証委員会」に示した試算によると、関西電力では今夏のピーク時定着している節電などの取り組みを考慮しても、電力需要に対し供給力は14.9%不足する見通し。枝野幸男経済産業相は8日の閣議後の記者会見で「強制的な手段を取らずに乗り切りたいという強い意欲を持っているが、なかなか厳しい状況になってきている」と述べた。
昨年夏の節電対策では、東京電力と東北電力管内で契約電力が500キロワット以上の大口需要家に対して電力の使用制限が義務付けられた。しかし医療機関や介護老人保健施設(老健)などでは使用制限を緩和。最終的に前年の最大使用電力まで使えることになった。
経産省資源エネルギー庁や国家戦略室によると、今年の具体的な対応は需給検証委員会の検証結果を踏まえ、政府の「環境・エネルギー会議」と閣僚らによる「電力需給に関する検討会合」で正式に決める。昨年の対応が決まったのは5月13日。資源エネルギー庁の担当者は今年の対応を「できるだけ早く決めたい」と話すが、計画停電を実施するかどうかや実際にどれだけの節電を求めるのかなどがまだ分からない。当の関西電力でも「国による議論の推移を見守っている状況」だ。
医療法人M&A資料「成功するM&Aの提要」のご請求(無料)
成功するM&Aの提要
医療法人設立資料「医療法人設立ハンドブック」のご請求(無料)
医療法人設立ハンドブック
面談を予約する

Copyright
著作権の表示:このサイトの全ての著作権は猪股 真及び行政書士 新日本総合事務所に帰属します。無断での引用・転用は固くお断りします。
Copyright (C)Makoto INOMATA & New-Japan Solicitor Office 2003 - 2013. All Rights Reserved.