医療法人設立
開業支援
経営コンサルティング
M&A支援
事務所概要
医療法人設立M&Aセンターのサービス

TOP > 医療法人設立 > [ 医療法人設立ニュース ]
文字のサイズ 小 中 大

医療法人設立
医療法人設立

医療法人設立ニュース

医療法人設立ニュース

「検査ミスで両脚まひ」松山市の病院提訴

松山市の松山城東病院で医師が誤った検査をした結果両脚がまひするなどの症状が残ったとして、松山市の男性(51)が同病院を運営する医療法人社団慈生会に、介護費や慰謝料など計約2億2700万円の損害賠償を求め松山地裁に提訴した。訴状によると、髄膜炎などで治療中だった男性は出血しやすい体質で腰から針を刺して髄液を抜き取る検査をすると血腫ができる危険性があった。それにもかかわらず医師は2007年7月に2回にわたって男性に検査を実施。
男性は直後から背中や腰の痛み脚のしびれを訴えたが、適切な治療を受けられず両脚がまひするなどの症状が出た。
男性はその後別の病院へ転院し、脊髄に針を刺したことによりできた血腫が胸から腰にかけて広がり、神経を圧迫していることが判明。男性は介護が必要な状態になったとしている。
男性は「医師が誤診し、適切な検査と手術をしなかった結果、血腫を拡大させ後遺症を負った」と主張。慈生会は「弁護士に任せており、こちらから申し上げることはない」としている
医療法人M&A資料「成功するM&Aの提要」のご請求(無料)
成功するM&Aの提要
医療法人設立資料「医療法人設立ハンドブック」のご請求(無料)
医療法人設立ハンドブック
面談を予約する

Copyright
著作権の表示:このサイトの全ての著作権は猪股 真及び行政書士 新日本総合事務所に帰属します。無断での引用・転用は固くお断りします。
Copyright (C)Makoto INOMATA & New-Japan Solicitor Office 2003 - 2013. All Rights Reserved.