医療法人設立
開業支援
経営コンサルティング
M&A支援
事務所概要
医療法人設立M&Aセンターのサービス
4月29日から5月7日までゴールデンウィークの休業をいただきます。休業中のお申込み、メール、FAX等は、すべて5月8日以降に順次対応させていただきます。ご不便・ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。
TOP > 医療法人設立 > [ 医療法人設立ニュース ]
文字のサイズ 小 中 大

医療法人設立
医療法人設立

医療法人設立ニュース

医療法人設立ニュース

弁護側が無罪主張「過失行為ない」山本病院公判最終弁論

大和郡山市の医療法人雄山会「山本病院」(廃院)で肝臓手術を受けた男性患者=当時(51)=が死亡した事件で、業務上過失致死罪に問われた元理事長山本文夫被告(54)=詐欺罪で服役中=の公判が、2012年4月25日奈良地裁(橋本一裁判長)であり弁護側の最終弁論が行われた。弁護側は「医療慣行を大きく逸脱した手術ではなく、被告に注意義務違反や過失行為はない」として無罪を主張し、結審した。判決は6月22日に言い渡される。
検察側は論告で、手術の必要性はなかったと指摘。手術についても十分な態勢や方法をとらず「手術中の大量出血と死亡に因果関係があり、出血死させた」として禁錮3年を求刑している。
弁護側は、肝臓に見つかった腫瘍が良性だったことは認める一方、山本被告は男性患者の執刀手術で主な担当ではなかったと主張。的確に診断したり、手術を回避するなどの「刑法上の注意義務があったとまではいえない」とした。
さらに手術の記録上出血が続いていたという状況は認められず、男性患者の死因は出血死ではなく急性心筋梗塞などの可能性もあるとした。
医療法人M&A資料「成功するM&Aの提要」のご請求(無料)
成功するM&Aの提要
医療法人設立資料「医療法人設立ハンドブック」のご請求(無料)
医療法人設立ハンドブック
面談を予約する

Copyright
著作権の表示:このサイトの全ての著作権は猪股 真及び行政書士 新日本総合事務所に帰属します。無断での引用・転用は固くお断りします。
Copyright (C)Makoto INOMATA & New-Japan Solicitor Office 2003 - 2013. All Rights Reserved.