医療法人設立
開業支援
経営コンサルティング
M&A支援
事務所概要
医療法人設立M&Aセンターのサービス

TOP > 医療法人経営に関するお役立ち情報 > 一人医師医療法人化を検討した方が良いケース [ 医療法人経営コンサルティング ]
文字のサイズ 小 中

医療法人経営コンサルティング

医療法人経営に関するお役立ち情報

一人医師医療法人化を検討した方が良いケース

法人化すると、社会的信用の確立、経営体質の強化、節税効果等のメリットがある反面、医療法人の付帯業務禁止規定によって、業務範囲が制限されたり、医師個人は役員報酬を 受け取ることになり、役員報酬以外の資金は自由に処分できなくなるなど経営上のデメリットや交際費として、損金に算入できる金額に限度が設けられるなど税務上のデメリットがありますが、一人医師医療法人化を検討した方が良いケースとしては以下のものがあります。

@診療所の社会的信用を高めたい場合
A子供などに事業承継を考えているか、事業承継者が決定している場合
B介護保険事業への進出や分院等、法人化により可能な事業を計画している場合
C毎年の事業所得が高額である場合

医療法人設立資料「医療法人設立ハンドブック」のご請求(無料)

医療法人設立ハンドブック
もっと知りたいときはこちらからどうぞ
面談を予約する

Copyright
著作権の表示:このサイトの全ての著作権は猪股 真及び行政書士 新日本総合事務所に帰属します。無断での引用・転用は固くお断りします。
Copyright (C)Makoto INOMATA & New-Japan Solicitor Office 2003 - 2013. All Rights Reserved.