医療法人設立
開業支援
経営コンサルティング
M&A支援
事務所概要
医療法人設立M&Aセンターのサービス

TOP > 医療法人経営に関するお役立ち情報 > 医療法人の特徴 [ 医療法人経営コンサルティング ]
文字のサイズ 小 中

医療法人経営コンサルティング

医療法人経営に関するお役立ち情報

医療法人の特徴

法人は民法その他の法律によらなければ設立することができません。
民間の法人の代表的なものは、株式会社などの会社ですが、医療にはかけがえのない生命、身体の安全に直接関わることから、営利企業に委ねるのは適当ではないとされました。
そこで、昭和25年医療事業の経営主体を法人化することにより、医業の永続性を確保すると共に資金の集積を容易にし、医業経営の非営利性を損なうことなく、医療の安定的普及を図るため、医療法により「医療法人」という法人類型が創設されました。
これを法律上でみると、医療法では営利目的の病院、診療所の開設を許可しないこととしています。(7条5項)。
このため医療法人も営利を目的としないよう、「医療法人は、剰余金の配当をしてはならない」(54条)と厳格に規制されているのです。
この非営利性が医療法人の大きな特徴といえます。

医療法人設立資料「医療法人設立ハンドブック」のご請求(無料)

医療法人設立ハンドブック
もっと知りたいときはこちらからどうぞ
面談を予約する

Copyright
著作権の表示:このサイトの全ての著作権は猪股 真及び行政書士 新日本総合事務所に帰属します。無断での引用・転用は固くお断りします。
Copyright (C)Makoto INOMATA & New-Japan Solicitor Office 2003 - 2013. All Rights Reserved.